観葉植物の病気と害虫でお困りの方たちへ

【病気】べと病

被害症状

  • 発生初期は、葉に淡い黄色の境目がぼんやりとしたな小さな斑模様が発生しますが、症状が進行すると範囲が広がって淡い褐色に変色し、葉脈と葉脈の隙間に挟まれた部分が角ばった形状で黄色い褐色の病気をもった斑点となり、葉の裏側にはカビが発生します。症状のメインは下の葉から発症し、次第に上葉に拡大します。病気の斑点は時間が経過すると黄色い褐色~灰白色となり、近接した病気の斑点同士で交わって、葉一面の全体に拡大することもあります。このような病気の葉は晴れた日が連続すると乾燥して固まりはじめますが、雨が続いて湿気が多い状態が継続するとベトベトとした状態になります。

生態

ハボタンやサニーレタスなどでは春先の涼しい季節に発症しますが、瓜系や南瓜などでは比較的湿度の高い時期に発症し、どちらも湿気を好み、雨や風などにより飛翔します。病気の伝染には葉が結露などで湿っていることがポイントで、葉が感想していると発生を抑制できます。

防除方法

密度高く栽培することを避け、水はけを良くして特に湿度を高めすぎないように警戒します。また畑ではワラを敷いたりやビニールマルチにより土からの発症をとどめようとすることで発症を抑制することができます。瓜系などでは収穫の時期は肥料がなくなる時期にも突然発症することがあるので警戒が必要です。畑や花壇で梅雨の時期、秋雨期に被害が拡大するので、その時期は発症する前から発症してすぐのタイミング予防目的で薬剤の散布を実施しますが、べと病にメインは葉の裏表にある気孔から感染しますので、薬剤の散布も葉の裏表に偏りなく実施することが重要です。

有効薬剤

  • STダニコール1000、サンケイエムダイファー水和剤、サンケイオーソサイド水和剤80、サンボルドー