観葉植物の病気と害虫でお困りの方たちへ

【害虫】カイガラムシ

被害症状

  • カイガラムシの被害には直接被害と間接被害の種類に大きく分けることできます。直接的な被害は、茎や葉の寄生したカイガラムシそのものが美観を損ねてしまうことと、養分を吸い取られるために植物に悪影響を及ぼすことです。葉に付着した数が大量になると新しい梢や新葉。新芽の出方が悪化したり、枝・葉の枯れが発生することもあります。間接的な被害は、カイガラムシの排泄物に「すす病」が繁殖して葉が黒くなりひろがっていくことです。見た目の美しさを損なうのはもちろんのこと、植物にとって非常に重要な役割を果たす光合成が妨げられてしまうため生育が著しく悪化します。さらに、枝などの付着した箇所にビロード状のものがくっついたように見える「こうやく病」を引き起こします。また別の被害症状としては枝や幹に5mm前後の円形の葉の養分が抜けたような斑点ができることがあります。これはカイガラムシが付着していた跡です。

生態

  • ひとえに「カイガラムシ」といっても大きさや形など異なるものが非常に種類が多いです。名前がある種類だけでも約400種以上存在し、実際にはその2倍以上は存在すると言われています。カイガラムシを大分すると、1.成虫に成長したあとは脚が退化してしまい、葉に住み着く種類、2.成虫に成長した後も引き続き、動き回る種類がいます。
    前者には、米つぶのように丸く平べったい殻を持ったマルカイガラムシ類、牡蛎の形をした殻を持ったカキカイガラムシ類、お椀のような丸く膨らんでいるロウムシ類などがいます。後者は基本的に殻を持ち合わせておらず、体の表面が白い粉のようなもの、綿のような分泌物に覆われている種類で、フクロカイガラムシ類やコナカイガラムシ類(分泌物を取り除くとワラジムシのような虫がいる)などがいます。別の害虫であるハダニやアブラムシと比べると繁殖スピードが緩やかで、よく繁殖するとされているコナカイガラムシで年に数回、バラシロカイガラムシで年に2~3回、ロウムシ類では1回に繁殖するのみです。ハダニと同様に雄がいなくて雌だけで繁殖する種類も存在しますが、カイガラムシの多くはコバエのような翅のある雄がおり、交尾して産卵します。雌の成虫は繰り返し産卵することはせず、産卵後にはすぐに死ぬ種類もいます。

防除方法

  • 成虫は攻撃から見を守るために殻をかぶっていたり、ロウで覆われているため、取り除くのがやっかいな害虫の一つです。一般的には、歯ブラシなどでこすり落としても退治できますが、被害が拡大していた場合、ひとつひとつ取り除くのは非常に大変になることが多いです。この際に、強くこすることで葉などを傷つけないように注意しましょう。また、薬剤による退治方法は主に2つあります。
    幼虫を退治する方法は、卵からふ化した幼虫は薬剤に弱く、オルトラン水和剤、アクテリック乳剤などで除去することができます。幼虫の発生時期を特定するのが難しいのですが、目安は年1度のロウムシも、年数回産卵を繰り返すコナカイガラムシも5~7月にかけて幼虫があらわれます。この時期に薬剤を月2~3回カイガラムシの姿が見えなかったとしてもていねいに散布すると、8月頃から姿がなくなります。エアゾール剤のカイガラムシエアゾールは速効性の成分(フェンプロパトリン)と浸透移行性の成分(クロチアニジン)の混合剤となっているため、カイガラムシの幼虫・成虫ともに殺虫します。また、ベニカDXはカイガラムシの脱皮阻害作用のある成分(ブプロフェジン)により、成虫になるのを未然に抑えることでで除去、成虫に対しては産卵数を抑制したり、ふ化しない卵をにする作用があります。

有効薬剤

  • STアクテリック乳剤、オルオチン乳剤、オルトランDX粒剤、カイガラムシエアゾール、ベニカDX、ベニカJスプレー、ベニカXファインスプレー、ベニカX乳剤、ベニカグリーンVスプレー、ベニカベジフルスプレー、ベニカ水和剤、家庭園芸用GFオルトラン水和剤、家庭園芸用スミオチン乳剤、家庭園芸用マラソン乳剤

その他情報

  • 葉の表面がテカテカ光ったり、べトべトすることがあります。これはカイガラムシをはじめアブラムシやコナジラミなど葉の養分を吸って成長する害虫の排泄物で、これらの害虫が寄生している証拠になります。やがて、「すす病」原菌が繁殖し、やがて葉が黒くなるので注意してください。