観葉植物の病気と害虫でお困りの方たちへ

【病気】うどんこ病

被害症状

  • まんべんなく葉の表面ががぼんやりと白くなり、徐々にに白っぽいうどん粉を振ったようになる症状が葉全体にひろがっていきます。表面に発症すると光合成が妨害されたり、葉から養分を吸い取られるので生長ができなくなり、きれいに育たない(色が綺麗に出なくなる、健全に葉が広がらない)、最悪場合には枯死するなどの症状があります。

生態

  • 菌が風によって移動し、新しい芽や枝、茎など付着し、幅広いの植物に影響を与えます。うどんこ病にはたくさんの種類があり、中には様々な植物に発症する種類も存在しますが、メインはそれぞれ異なる植物に付着します。例えば、菊のうどんこ病は菊にしか発症しません。また、特徴としてうどんこ病は死んでいない植物にしか発症しません。加えて葉の表面でのみ増殖することが可能なため菌糸や胞子が増殖するところが確認でき、発症の初期でも注意深く確認すればで発見することが可能です。涼しく湿度が低いと増殖しやすくなるので、春から秋(夏の湿度が高い時期を除く)にかけて発症しやすく、特に風の通り道がない場所などではしばしば発生します。一方で雨が頻繁に降る時期には発症が減ります。

防除方法

  • 薔薇は、簡単に使用できるエアゾール剤では殺虫殺菌剤のベニカX、オルトランCやベニカDX、殺虫殺菌スプレー剤のベニカXスプレー、ベニカXファインスプレーが適しています。うどんこ病は表の葉で増殖するため発症してすぐであればサプロール乳剤、カリグリーンなどを使用すれば防ぐことができです。しかし、葉の栄養素が吸い取られるので、ダメージが進んでいるタイミングでは表面の胞子を除去しても、該当箇所は灰色っぽく色を取り除いたようになります。さらに、チッ素の増殖により植物自体が弱っているタイミングなども発症可能性が高まるので肥培管理を正しくおこない偏りのない肥料やりをすることが重要です。

有効成分

  • GFオルトラン、GFベントレーと水和剤、GFもストップジンRスプレー、STサブロール乳剤、STダニコール1000、アーリーセーフ、カリグリーン、パンチョTF顆粒水和剤、ベニカDX、ベニカXスプレー、ベニカXファインエアゾール、ベニカXファインスプレー、ベニカX乳剤、ベニカグリーンVスプレー、ベニカVスプレー、ベニカマイルドスプレー、ベニカマイルドスプレー、マイローズ殺菌スプレー、モスピラン・トップジンMスプレー、兼商モレスタン水和剤